遠征で気をつけること/工藤監督一問一答 5.17

西日本スポーツ

投手練習に訪れた工藤監督 拡大

投手練習に訪れた工藤監督

 -30日まで長期遠征となる。

 「今年は長めに福岡にいたり、長めに遠征に出たりが多い。遠征に出たら、(気をつけるのは)コンディショニング、体調の面だけですね。一つでも二つでも貯金を増やしてというところがベストではありますけど。とりあえず熊本、鹿児島の日本ハム戦と、那覇の西武戦は2試合ずつなので。試合の中では先取点が大事になるし、初戦が大事になってくる」

 -東浜のブルペン投球を見守った。

 「ボール自体は悪くないですよ。自分の納得するピッチングをしないことにはいけないのかなと思ってますし、本人なりに考えてやっていることがゲームの中で出るのが大事だと思う」

 -2軍調整中の和田、バンデンハークが順調に実戦登板している。

 「ゲームで投げると先がだんだんと見えてくるので。そういう報告を聞くと、あと何回か投げれば(1軍という)イメージが湧くようになる。本人の中でも投げれば気持ちも前向きになるだろうし、いい方向に向かっているんじゃないかなと思います」

PR

PR

注目のテーマ