ソフトバンク猛追及ばず 工藤監督リクエスト成功も

西日本スポーツ

4回2死、8号ソロを放ったグラシアル(27)を迎える工藤監督 拡大

4回2死、8号ソロを放ったグラシアル(27)を迎える工藤監督

 ◆西武7-6ソフトバンク(21日・沖縄セルラースタジアム那覇)

 ソフトバンクは終盤の猛反撃及ばず、連勝が「3」でストップした。

 プロ7年目で初めて故郷沖縄で登板した先発東浜は6四球を出すなど、5回途中4失点で降板。この回を終えて1-4とされた。

 それでも7回に平井を攻め2得点。直後に山川の3ランで4点差に離されたが、8回に相手の連続暴投で再び2点差まで追い上げた。

 9回は無死一塁からデスパイネが遊ゴロ併殺打も、工藤監督がリクエスト。リプレー検証の結果、一塁判定は覆りセーフとなり、松田宣が中前打、グラシアルが左中間二塁打で1点差とした。

 ここで明石の高くはずんだ打球がファウルになりそうなところを、捕手・森がフェアゾーンで処理しようとしてお手玉(記録は内野安打)。1死満塁と抑えの増田を追い詰めたが、牧原が捕邪飛、代打内川が空振り三振に倒れた。大勝した2位楽天とは2ゲーム差となった。

PR

最新記事

PR

注目のテーマ