ソフトバンク工藤監督「向こうはヒヤヒヤ」猛追に手応え

西日本スポーツ

7回の守備前、選手交代を告げた工藤監督 拡大

7回の守備前、選手交代を告げた工藤監督

 ◆西武7-6ソフトバンク(21日・沖縄セルラースタジアム那覇)

 連勝がストップしたソフトバンク工藤監督ながら、終盤の猛追に手応えを強調した。

 西武先発・十亀の前に6回で1得点だったが、7回に平井から2得点し1点差。山川の一発で4点差に突き放されても、8回にヒースの暴投に乗じて2点を返した。

 2点を追う9回は無死一塁でデスパイネが遊ゴロ併殺打に倒れた際にリクエスト。判定が覆って1死一塁となると、連打で1点差とし、相手守備の乱れもあって1死満塁。球場の盛り上がりは最高潮となったが、後続が倒れた。

 点差を詰めて勝ちパターンの救援陣をつぎ込ませた展開に、工藤監督は「そうそうそう。それで打ったんだからさ。向こう(西武)としたら、もうヒヤヒヤ」とうなずき「明日です」と22日の2戦目に視線を向けた。

PR

PR

注目のテーマ