「8回の男」復活見たい/プロ野球番記者コラム

西日本スポーツ

ソフトバンク・加治屋 拡大

ソフトバンク・加治屋

 昨季の「8回の男」が苦しんでいる。16日に出場選手登録を抹消された6年目の加治屋だ。今季は16試合に登板し2勝1敗3ホールドながら防御率は5.89。今春キャンプ直前に右肩のコンディション不良を訴え、その後は急ピッチの調整で開幕1軍入りしたものの、調子が上がらない。

 今季開幕戦こそ4点リードの8回に登板したものの西武山川に同点の満塁本塁打を浴びた。その後はビハインドでの登板が増え、昨年つかみ取ったセットアッパーの座を手放してしまった。「もちろん悔しい。でも切り替えてやらないと」。自らに言い聞かせるように言葉をつなぐ。

 昨季との違いは何か。右腕の回答は早かった。「自信ですね。投げている感じは悪くないし、ボールに力も出てきた。それでも結果が出ないと自信が持てない」と本心を明かした27歳。ファームで悪循環を断ち切り、再び1軍で「8回の男」を奪い返すほどの活躍を見たい。 (長浜幸治)