ソフトバンク三森が「2番・一塁」沖縄初勝利なるか

西日本スポーツ

ソフトバンク・三森 拡大

ソフトバンク・三森

 ◆西武-ソフトバンク(22日・沖縄セルラースタジアム那覇)

 沖縄での公式戦4試合目で初勝利を目指すソフトバンクは、三森を「2番・一塁」でスタメン起用した。

 三森は5試合ぶりのスタメン出場。前回は二塁で、一塁では5日オリックス戦以来13試合ぶり。釜元と1、2番コンビを組む。内川は2試合連続のベンチスタート。19日の日本ハム戦で左膝の違和感から途中交代していた。

 先発投手はソフトバンクが大竹。防御率1・43はリーグ2位。今季西武戦は1試合に登板し勝敗なし、防御率4・50。15日に対戦し6回3失点だった。地方球場は今回が初登板。

 西武は高橋光で、今季ソフトバンク戦4試合目の登板。過去3試合は1勝2敗、防御率5・06。前回14日は5回5失点(自責点2)で勝利投手となっていた。

PR

PR

注目のテーマ