ソフトバンク大竹まさか12安打6失点KO 異変も?

西日本スポーツ

5回途中、降板する大竹(右) 拡大

5回途中、降板する大竹(右)

 ◆西武-ソフトバンク(22日・沖縄セルラースタジアム那覇)

 ソフトバンク大竹は不運もあって今季最短4回2/3、自己ワーストの被安打12で降板となった。

 2回に1点の援護を得たが、3回に外崎の犠飛で追いつかれた。再び1点を勝ち越してもらった直後の4回も、無死から3連打で追いつかれる苦しい展開となった。

 2死二、三塁までこぎつけたが、秋山のゴロの打球を二塁手・明石がはじく失策の間に勝ち越され、源田に適時打を許して今季最多の4失点。5回も栗山の犠飛で1点を加えられ、木村、金子侑に連打されたところで降板を命じられた。

 5回の金子侑との対戦中には、初球カーブを空振りさせたところで倉野投手コーチがマウンドに駆け寄る場面もあり、ベンチが何らかの変調を懸念した様子をうかがわせた。

 2番手・川原が秋山に適時内野安打を許し、大竹には6失点(自責点4)が記録された。

PR

PR

注目のテーマ