ソフトバンク栗原プロ初連発 “捕手の目”ズバリ

西日本スポーツ

ソフトバンク・栗原 拡大

ソフトバンク・栗原

 ◆ウエスタン・リーグ 中日6―7ソフトバンク(22日・ナゴヤ球場)

 5年目の栗原が2軍戦ながら、「プロ初」の1試合2発&2打席連続アーチを放った。まず3回、中日の先発・山井の初球、124キロのスライダーを捉えると「行ったと思いました」と手応え十分の3号2ランを右翼席へ。5回にも山井の138キロ直球をライトへ運ぶ4号ソロ。「配球を読みながら打席に入ったんですが、それが当たった感じですね」とまさしく“捕手の目”がズバリの快打連発だった。

PR

PR

注目のテーマ