神の子トーレス、天孫降臨の地へ トークショーで明かしたお気に入りスポット

西日本スポーツ

東京都内でトークショーに参加した鳥栖のフェルナンドトーレス(右)と吉田麻也 拡大

東京都内でトークショーに参加した鳥栖のフェルナンドトーレス(右)と吉田麻也

トークショーでお気に入りスポットを明かしたフェルナンドトーレス

 J1鳥栖のフェルナンドトーレス(35)が23日、東京都内で行われたミズノの新作シューズ発表イベントに登場した。ともにミズノとアドバイザー契約を結ぶ英サウサンプトンの吉田麻也(30)とのトークショーでは、シューズのこだわりや新作「レビュラ3」の長所などを語り合ったほか、長崎市出身の吉田と九州の魅力にも触れた。スペインで「神の子」の異名を取ったFWは、オフに天孫降臨伝説が伝わる宮崎・高千穂峡を訪れたことを明かし、「家族で旅館にも泊まったし、神社にも行った。いちばん気に入っているよ」と九州随一のパワースポットを絶賛した。

 鳥栖はカレーラス監督を解任し、金明輝監督が就任してからリーグ戦は2連勝と持ち直した。17位からの巻き返しに向けて「難しい局面だが、だんだんよくなっている。チームに戻って、しっかりトレーニングしたい」と意気込んだ。

 吉田は、過去にプレミアリーグでフェルナンドトーレスと対戦した思い出を語り、「あのとき、試合中も紳士的だった。ナイスガイと周囲から聞いていたが、素晴らしい人間性の持ち主だった」と賛辞を贈った。この日発表された日本代表にはコンディション不良などで選出されなかったが、「本来なら代表の準備の時期だが、今回はしっかり休みたい。さみしい気持ちはあるが、いいコンディションにすることがいちばん大事。いまは我慢のとき」と冷静に話した。

PR

最新記事

PR

注目のテーマ