王会長も話題にする逸材/プロ野球番記者コラム

西日本スポーツ

球場を後にする王会長=5月24日 拡大

球場を後にする王会長=5月24日

 那覇で21日に開催された西武戦前。米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のケン・ローゼンタール記者が自身のツイッターでスチュワート投手が、ソフトバンクと契約に合意したと伝えた。昨年のドラフト会議でブレーブスから1巡目指名を受けた右腕。ソフトバンクの幹部も否定はせず、三塁側ベンチは一気にざわついた。近く米国で記者会見予定という。

 現在、長期の遠征に出ているチームの周辺で、その後も中心はこの話題。24日、ロッテ戦前に報道陣に囲まれた王貞治球団会長も同様。現時点では正式発表に至っていないという前提の上で、一般論として右腕の話題に触れ「日米ともに、これから変わってくるだろう」などと、新たなモデルケースとして期待した。

 過去にはレッドソックス入りした田沢ら、日本のアマチュア選手がプロ野球を経ずに大リーグへ挑戦した例はあるが、極めて珍しい逆のケース。大きな期待をしつつ、今後を注視していきたい。 (山田孝人)

PR

最新記事

PR

注目のテーマ