西武・榎田苦しむも2勝目 5回0/3 5失点

西日本スポーツ

6回、1死満塁で登板し後続を断ち、榎田(右)に迎えられる平井 拡大

6回、1死満塁で登板し後続を断ち、榎田(右)に迎えられる平井

 ◆日本ハム5-10西武(24日・メットライフドーム)

 榎田が苦しみながらも2勝目を挙げた。3回までに3失点。4、5回と無失点で乗り切り、味方の援護を得たが、6回に先頭から2連打を浴びて降板した。5回0/3を被安打7、5失点。「調子は良くなかったけど、5回までは悪いなりに投げられた。6回に連打され、中継ぎに迷惑を掛けてしまったのが反省点。投げる感覚や体のバランスを修正したい」と課題を挙げた。

   ◇    ◇

 西武・平井(6回1死満塁のピンチで火消しに成功)「絶対に先発ピッチャーの勝ちを消さないのが僕の仕事。抑えられて良かった。ヒット1本も許さない気持ちだった。勝ちパターンで使ってもらって負けは許されない」

PR

最新記事

PR

注目のテーマ