福岡大が3年連続30度目の全日本出場/九州六大学野球

西日本スポーツ

九国大を破って優勝を決め、歓喜する福岡大ナイン 拡大

九国大を破って優勝を決め、歓喜する福岡大ナイン

 ◆九州六大学野球春季リーグ:福岡大8‐4九国大(25日・今津運動公園野球場)

 九州六大学野球の春季リーグ戦(西日本新聞社後援)は25日、福岡市の今津運動公園野球場で優勝決定戦を行い、福岡大が九国大に8-4で逆転勝ちし、2季ぶり57度目の優勝を決めた。春のリーグ制覇は3年連続となる。

 3点ビハインドの5回に同点に追いつくと、8回に7番三村涼太(4年・飯塚)の適時二塁打などで2点を勝ち越し。投げては1年生の村上幸人(九産大九州)が3回の4失点にとどめ完投した。2月に就任し、リーグ戦初采配で初優勝を果たした堀壮太監督は「僕の力ではなく、選手が一つになった結果」と感謝した。

 福岡大は3年連続30度目の全日本大学選手権(6月10日開幕、神宮など)出場。1回戦で札幌学生連盟代表と対戦する。