ソフトバンク甲斐が「技ありスクイズ」 高橋礼先発時は9打点目

西日本スポーツ

6回1死三塁、甲斐はスクイズを試みる。一塁内野安打となり追加点を挙げる 拡大

6回1死三塁、甲斐はスクイズを試みる。一塁内野安打となり追加点を挙げる

 ◆ロッテ-ソフトバンク(25日・ZOZOマリン)

 ソフトバンクの甲斐が「技ありスクイズ」を決めた。

 2-2の同点で迎えた6回1死三塁。ボルシンガーが1ボール1ストライクから投じた真っすぐに対し、スクイズを試みて一塁線へ転がした。

 ラインぎりぎりの打球の行方を、ロッテ一塁手の鈴木は見守ったが、ライン上でボールはストップ。走者が生還して1点を勝ち越した(記録は一塁適時内野安打)。

 25日の先発は高橋礼。2年目のサブマリンが登板時に、甲斐はバットでの援護が目立つ。この試合前まで打率は3割を超え、打点もこの時点で9打点目となった。

PR

PR

注目のテーマ