ソフトバンク甲斐ライン上ピタッ“絶妙”スクイズ

西日本スポーツ

6回1死三塁、甲斐はスクイズを試みる。一塁内野安打となり追加点を挙げる 拡大

6回1死三塁、甲斐はスクイズを試みる。一塁内野安打となり追加点を挙げる

 ◆ロッテ4―3ソフトバンク(25日・ZOZOマリンスタジアム)

 甲斐が“絶妙”スクイズを決めた。2‐2の6回1死三塁。ボルシンガーが1ボール1ストライクから投じた直球に対しスクイズを試み一塁線へ。ラインぎりぎりに転がった打球の行方をロッテ一塁手の鈴木が見守るも、ライン上でボールはストップ。走者が生還し一時勝ち越した(記録は一塁適時内野安打)。「走者をかえすことが仕事。準備はできていた」と話したが、チームが逆転負けを喫しただけに、試合後は言葉少なだった。

PR

最新記事

PR

注目のテーマ