ソフトバンク・ミランダ、来日最短KO 3回途中4失点

西日本スポーツ

2回無死、ミランダはロッテ・中村奨(左)に右越えソロを浴びる 拡大

2回無死、ミランダはロッテ・中村奨(左)に右越えソロを浴びる

 ◆ロッテ-ソフトバンク(26日・ZOZOマリン)

 ソフトバンクの先発ミランダが来日最短となる2回0/3、4失点でKOされた。

 初回にレアードに先制二塁打を食らうと、2回には先頭の中村奨に初球の真っすぐを捉えられて右越えのソロアーチとされた。

 3回は先頭の鈴木に右前打、続く清田には左中間適時三塁打を献上。いずれも初球を捉えられたもので、たった2球で3点目を失った。さらに井上にも中前へのタイムリーを許して、ここでタオルを投げられた。5月はここまで3試合に登板して2勝0敗、防御率も2・81と好調だった左腕が敵地で崩れた。

PR

最新記事

PR

注目のテーマ