西武松本航6回途中2失点 デビュー2連勝ならず

西日本スポーツ

2勝目を逃した松本航 拡大

2勝目を逃した松本航

 ◆西武-日本ハム(26日・メットライフドーム)

 西武のドラフト1位新人の松本航投手(22)が、デビューからの2連勝を逃した。序盤から走者を背負う苦しい投球が続いたが、4回までは無失点。4点リードの5回2死、中田に中越えソロを浴びた。6回2死二塁、中島に左翼線適時二塁打を許したところで降板。2点リードで勝ち投手の権利を持ったまま2番手の小川にバトンを託した。ところが、7回にリリーフ陣が追いつかれ、白星は消滅した。

 松本航は「調子は良かったです。反省点は追い込んでから丁寧にいきすぎて決めきれなかったこと。それが球数の多さにつながってしまった。良かったところはストレートとスライダーをゾーンに投げることができたところ。次回は追い込んでからの球をしっかり意識して、球数を抑えて少しでも多くのイニングを投げたい」とコメントした。19日のオリックス戦で西武の新人では松坂(現中日)以来となる初登板初先発での初勝利を飾っている。

PR

PR

注目のテーマ