みらいふ福岡X1初勝利 アメフットグリーンボウル

西日本スポーツ

 今季から社会人アメリカンフットボールのXリーグ1部(X1)に九州勢として初昇格した「みらいふ福岡SUNS」が26日、大阪府吹田市のエキスポフラッシュフィールドで行われたグリーンボウル3位決定戦でアズワンに52‐27で逆転勝ちし、X1昇格後の公式戦初勝利を挙げた。

 一時は0‐14とリードされたが、10‐14と詰め寄って迎えた第2クオーター(Q)6分9秒、QB西山がWR和田に5ヤードのタッチダウン(TD)パスを通して逆転。第3QにはWRキングが92ヤードのキックオフリターンTDを決めた。チームは計7TDを記録した。

 X1は今季からスーパー(8チーム)とエリア(12チーム)の2部制。エリアに所属するみらいふ福岡は11日の同ボウル1回戦でスーパーのエレコム神戸に敗れたが、同じエリアのアズワンに快勝した。吉野代表は「スーパーに昇格するためには勝たなければいけない相手。リードされても選手が落ち着いてプレーしてくれた。チームとしてX1で戦えるのは分かったので、今後は個々の力を上げたい」とリーグ戦を見据えた。26日に行われた同ボウル決勝は、アサヒ飲料がエレコム神戸を50‐19で破った。

PR

PR

注目のテーマ