西武ドラ1松本航、2勝目お預け5回2失点「丁寧にいきすぎた」

西日本スポーツ

6回途中、降板する西武・松本航(中央) 拡大

6回途中、降板する西武・松本航(中央)

 ◆西武5―6日本ハム(26日・メットライフドーム)

 ドラフト1位ルーキーの松本航はデビューからの2連勝を逃した。4点リードの5回、中田にソロを浴びると、6回にも1点を返された。5回2/3で121球を要して2失点で降板。勝ち投手の権利を持っていたが、リリーフ陣が崩れた。右腕は「調子は良かった。反省点は追い込んでから丁寧にいきすぎたこと。それが球数の多さにつながった。次回は球数を抑えて、少しでも多くのイニングを投げたい」と次を見据えた。

PR

PR

注目のテーマ