ソフトバンク九鬼、死球で「びっくり」珍デビュー

西日本スポーツ

7回1死一、二塁、頭部に死球を受け、ベンチに戻る代打九鬼(左) 拡大

7回1死一、二塁、頭部に死球を受け、ベンチに戻る代打九鬼(左)

 ◆ロッテ8―2ソフトバンク(26日・ZOZOマリンスタジアム)

 3年目の九鬼がプロ初打席で“珍デビュー”を飾った。7点を追う7回に甲斐の代打で出場すると、初球の石川の緩いカーブが頭部に直撃。大事には至らずに一塁へ向かったが、思わず苦笑した。「びっくりしました。でも、試合後に動画を見たら、当たりにいったような感じで…」。その後はマスクをかぶって高橋純を好リード。9回の第2打席は鋭いライナーが中堅の好守に阻まれ、プロ初ヒットとはならなかったが、存在感を示した。

PR

PR

注目のテーマ