ソフトバンク・ミランダ降格 ローテ再編へ 3回途中KO

西日本スポーツ

3回無死一塁、交代を告げられ、険しい表情で降板するミランダ 拡大

3回無死一塁、交代を告げられ、険しい表情で降板するミランダ

 ◆ロッテ8―2ソフトバンク(26日・ZOZOマリンスタジアム)

 ミランダが先発の役割を果たせなかった。初回はレアードに先制打を許し、2回にも中村奨にソロを献上。来日2年目で最短降板となる2回0/3を4失点の厳しい結果に「まったくボールを操ることができなかった。自分自身が情けない」と肩を落とした。試合後は、今後の先発ローテを外れることが決定。ここまで3勝3敗、防御率5.35と波に乗れない左腕について、工藤監督も「力は十分にある投手。このままズルズルいくより、見直してもらいたい」と復調を期待した。

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ