ソフトバンク打率トップ でも月間借金状態

西日本スポーツ

 ソフトバンクはチーム打率がリーグトップの2割6分ながら得点は西武、楽天に次ぐ3位と思うような攻撃ができていない現状がうかがえる。西武より1試合多くを消化しているが得点差は48。3、4月の27試合で2割5分3厘だった打率は5月に入り若手の躍動もあって21試合で2割7分とはね上がっているが、1試合平均得点は大きく増えず4.07→4.48。先発、救援ともに不安要素が出てきた投手陣が防御率を大きく落とす中で、打線のカバーが追い付かず月間借金状態に陥っている。

PR

PR

注目のテーマ