負傷交代のソフトバンク甲斐「大丈夫」 走塁で右足痛める

西日本スポーツ

 ◆オリックス3-1ソフトバンク(28日・京セラドーム大阪)

 ソフトバンクの捕手・甲斐が7回の走塁で右足を痛め途中交代した。

 1死一、二塁で一塁方向へセーフティーバントを試み、一塁へ全力疾走しベースを踏んだ際に痛めた。駆け抜けながら悶絶してファウルゾーンの座席前で座り込んだが、フェンスを使いながら立ち上がると自力で歩いてベンチに戻った。

 7回裏の守備から交代した甲斐は、試合後に「かかとからベースを踏んでしまい衝撃があった。痛かったけど大丈夫です」と軽傷を強調した。森ヘッドコーチは「明日にならないと症状は分からないけど、腫れは出ていない」と説明した。

 工藤監督は29日の試合について「今のところは明日(29日)の状況を見て」と語るにとどめた。甲斐はここまでチームの全49試合でスタメンマスクをかぶっている。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ