西武トリックプレーで失点 辻監督「まんまと引っかかった」

西日本スポーツ

 ◆楽天7―2西武(28日・盛岡)

 西武が楽天の奇策にはまり手痛い追加点を許した。 7回、そこまで快投していた先発の今井がブラッシュの3ランで逆転を許した後、さらにピンチを背負い降板。2番手小川で2死満塁となり切り札の平井を投入、1点を追う展開で今江を迎えた。

 フルカウントからの9球目を投げる前、二走の辰己が飛びだすと、平井は二塁にけん制。その瞬間、三走の島内が本塁に突入した。二塁外崎からの本塁送球がそれ、島内に続いて辰己も生還。2点を許し(記録は本盗と二失)、この回だけで5点を奪われた。

 逆転負けの辻監督は「まんまと引っかかった。トリックプレー。冷静ではなかった」と悔やんだ。

PR

PR

注目のテーマ