王理事長「子どもの笑顔は宝」 世界少年野球大会の概要発表 今夏福島で開催

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクの王貞治会長(79)が理事長を務める世界少年野球推進財団(WCBF)は28日、都内で会見を開き、今夏に福島市で開催する「第29回世界少年野球大会 福島大会」の概要を発表した。王理事長は「30年やってきて、子どもたちの笑顔が一番の原動力。宝だと思っている。大きな夢を与えられるように、いろんな経験をさせてあげたい」と語った。

 大会は世界から14カ国・地域の少年少女が集まり、7月30日から8月7日まで9日間の日程で開かれる。120人の子どもたちが参加しての野球教室のほか、中華台北と福島県内のチームが対戦する国際交流試合も行われる。福島市は2020年東京五輪で「野球・ソフトボール」の開催地になっており、子どもたちは同競技の開幕戦など7試合が実施される福島県営あづま球場も見学する予定。

 世界少年野球大会は王理事長とハンク・アーロン氏という日米の本塁打王が提唱し、野球の普及と発展、親善の輪を広げることを目的に1990年から開催されている。第1回からの参加者は計約5800人になる予定。参加国・地域は今回初参加のラオスを含めて計98になる。 (西口憲一)

PR

PR

注目のテーマ