西武ご当地コンビで先行 青森で秋山&外崎奮起

西日本スポーツ

3回無死一、二塁、西武・秋山は先制適時打を放つ 拡大

3回無死一、二塁、西武・秋山は先制適時打を放つ

 ◆楽天-西武(29日・弘前)

 2連敗中の西武が青森に縁のある「ご当地コンビ」の活躍で主導権を握った。3回無死一、二塁から八戸大出身の秋山が先制の中前適時打。「8、9番が良い形でつないでくれたのでランナーをかえす気持ちで入った。久しぶりのタイムリーだったのでうれしかったです」と笑顔で振り返った。

 源田の犠打で1死二、三塁と変わり、弘前市出身の外崎が大歓声で迎えられた。痛烈な打球は2点目の中犠飛となり、故郷の期待に応えた外崎は「良かったですね。まずは地元の皆さんの前で打点を挙げることができてホッとしています。あの打球でかえってきてくれた(三塁走者の)金子侑さんにも感謝です」とコメントした。


 

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ