準決9Rは大利航平が単騎捲りで1着/ミッドナイトF2

西日本スポーツ

 小倉競輪のF2ミッドナイトは29日、決勝進出を懸けた2日目の攻防。

 チャレンジ戦の準決3Rは山崎駿哉が鐘前5番手スパート、同4Rは安本昇平が番手捲りで制した。

 1、2班戦の準決7Rは野崎将史が2角5番手捲りで快勝。同8Rは三田村謙祐がペース先行で押し切り。同9Rは単騎の大利航平=写真=が4番手捲りでV候補の嶋田誠也を撃破した。

 最終日は二つの決勝がハイライト。チャレンジ8R決勝は番手戦の安本を本命視。1、2班の9R決勝は野崎のスピード捲りに期待する。


【8R決勝コメント】
 (1)安本昇平 柿本君に出られてしまったが、後ろが空いていたので助かった。番手に入ってからは合わされないように、冷静に捲った。山崎君マークで。
 (2)太田将成 鮫島さんが叩いてくるとは思わず、車間が空いてしまった。あれさえなければ…。自力で。
 (3)大久保聡 九州ラインで小原君。以前、函館の予選で1着を取らせてもらったことがあります。
 (4)小原亮哉 山崎君が強かった。ずっと外を走っていて苦しくて、車間を切る余裕もなかった。自力。
 (5)下岡将也 前が詰まってしまって、仕方なく内に行った。ここは単騎で。
 (6)河合康晴 何とか優出できましたね。初日と同様で太田君の後ろに。
 (7)山崎駿哉 全力を出し切れた。相手も強かったけど、気持ちを強く持って走れましたね。自力勝負。


【9R決勝コメント】
 (1)増田鉄男 野崎君の2角捲りやし、あれは抜けんよ。口はよう回るけど、脚が回らん(苦笑)。野崎君。
 (2)小泉俊也 4月の久留米に続いてまた三田村君に完敗。同じ選手に負けたことなんてなかったから、もう白旗です。今回に限っては(強さを認めて)三田村君をマークします。
 (3)山崎 晃 嶋田君に突っ張られてしまったけど、大利君が強くて優出できた。自力で。
 (4)三田村謙祐 小泉さんのイン粘りは想定していなくて…。運で勝ち上がっただけで、状態はまだまだ。自力で。
 (5)平原啓多 小泉さんが位置を取ってくれたのが大きかった。1着まで届かなかったけど、悪くないですね。山崎君にマーク。
 (6)大利航平 いい位置が取れたし、展開に恵まれました。練習の成果を出せてうれしい。また単騎で。
 (7)野崎将史 何だかフワフワして脚の感触はよく分からなかったけど、連勝できたので良かった。自力で。


<各レースの見どころ>

 (1R)コメント段階ではラインは一つもできていない。73点の田中が1枠を生かした総力戦で攻略とみたが、逃がされれば波乱に。
 【3連単】1―2345―2345。

 (2R)決まり手(2連対数)が20回もある松永の連軸は不動。東京2車の前後は顔見せを参考に。
 【3連単】7―15―135。

 (3R)優出失敗の柿本が気持ちを入れ替えて自力勝負。初日、柿本に敗れた鮫島が猛抵抗を見せれば、単騎3車の出番も…?
 【3連単】1=5―347。

 (4R)南関コンビの結束を支持。小林が先行と捲りを使い分けて石井とワンツーへ。
 【3連単】7―1―235。

 (5R)細田は点数こそ77点だが、キッチリとレースをつくる男。準決大敗の隅が番手抜け出しでうっぷんを晴らす。
 【3連単】7―1―245。

 (6R)九州4人が一致団結。勝部のロングスパートで、ハコ回りの高鍋に勝機が到来した。
 【3連単】7―1―245。

 (7R)準決で敗れた嶋田だが、ここは実力的に負けられない。ベテラン為田が好追走。
 【3連単】1―7―245。

 (8R)今開催は防府市営。積極策を心掛ける山崎マークで、安本が3連続Vを達成する。好配当なら単騎・下岡の連絡みだろう。
 【3連単】1―257―257。

 (9R)嶋田の脱落で、野崎に流れが来た。調子もいいだけに、踏み出しのタイミングさえ間違えなければ完全Vは目前だ。三田村や山崎が乱せば、大穴で大利の台頭も。
 【3連単】7―1―356。
 

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ