ソフトバンク和田、変身7回0封 2季ぶり1軍「いけます」

西日本スポーツ

 ◆ウエスタン・リーグ ソフトバンク1―0中日(29日・タマスタ筑後)

 左肩故障からの復帰を目指す和田が、7回3安打無失点の好投を演じた。今季7度目の2軍戦で最長のイニングを、100球までの目安に収める92球で投げ切り「今までで一番、手応えがあった」と口にした。

 前回22日は同じ相手に敵地で5回4被弾6失点。今回は打者の手元で小さく変化してバットの芯を外すツーシーム、カットボールをより生かそうと、プレートを踏む位置を一塁側から、米国時代のように三塁側へ変更した。「投げミスでも結構、打ち損じていた。前回よりは打ちにくそうにしていた」と実感できた。

 同学年の中日松坂が前日28日の同カードで、右肩故障から復帰。剛腕スタイルからすっかり脱却し、変化球を散らして2回を完璧に抑える姿に感じた。「ああいう投球は大事。僕も昔みたいにばんばん空振り、ファウルは取れない」。プレートを踏む位置を変えようと考えていたところに「大輔の姿に勇気をもらった。背中を押してもらえた。勝手にだけど」と言う。

 2軍から報告を受けた工藤監督は「何より投げた後の確認。問題がなければ考える」と2シーズンぶりの復帰に言及し「他の投手との兼ね合いもある。来週なのか、再来週か」と想定した。和田自身は「明日(30日)の肩に何事もなければ」とした上で「『どうだ』と聞かれたら『いけます』と言いたい」と声を待つ状態だ。 (森 淳)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ