ソフトバンク・デスパイネ 流れを変えた初回の先制打

西日本スポーツ

 ◆オリックス2―5ソフトバンク(29日・京セラドーム大阪)

 4番デスパイネが先制打で嫌な流れを振り払った。初回1死一、二塁。松葉の外角高めフォークを振り抜き、チームに4試合ぶりの先制点をもたらす中前打をマーク。3連敗で迎えた一戦に加え、前日28日に山本にひねられたムードを打ち消す価値ある一打。「打撃練習からいい感じで打てていた。連敗中だったけど切り替えていった。いいイメージで打てた」とうなずいた。

PR

PR

注目のテーマ