ソフトバンク一夜で再奪首 プロ初V打の釜元、打撃好調の理由 (2ページ目)

西日本スポーツ

■12戦連続スタメン

 背番号60の「前任者」で、4年続けて自主トレを共にする中村晃の復帰も見えてきた中、25歳の“まな弟子”は自分からの連絡は控えているという。それでも「連絡があれば、すぐ返信します。うれしいですから。1軍で打つことを一番喜んでくれる。必死でやります」と前を見据えた。

 12試合連続でスタメン出場中で、その間の成績は49打数17安打、打率3割4分7厘。工藤監督も「(釜元は)積極的に打ってくれたね。左(投手)でも結果を残せば、出場する可能性も高まる。自信にしてほしい」と高く評価した。チームの連敗も3で止まり、“魔の水曜日”も今季9戦目で初勝利。一夜で首位奪還した工藤ホークスが再加速を図る。 (山田孝人)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ