ソフトバンク苦境ローテ乗り切った 2番手椎野が無安打2回0封

西日本スポーツ

 ◆オリックス4―5ソフトバンク(30日・京セラドーム大阪)

 苦しい台所事情をそのまま示す先発陣を送り出しながら、工藤ホークスが敵地大阪でのオリックス3連戦を勝ち越した。実に3カードぶりだ。工藤監督も「本当に大きい。これでまた、チームは波に乗っていかないといけない」と気を引き締めた。

 プロ初先発の新人泉からバトンを受けた椎野が踏ん張った。同点の4回でマウンドへ。この回を三者凡退に封じると、5回はピンチを招きながら、無失点で乗り切った。先頭に四球を与えるなど1死一、二塁に。ここで力のある真っすぐを軸にロメロ、中川と中軸を仕留めた。直後の攻撃でデスパイネの一時勝ち越し2ランを呼び込んだ。

 2回を被安打ゼロの無失点。「5回の四球は良くなかったけど、自分としてはいいアピールができたと思う」と長身右腕はうなずいた。一時はプロ初白星の権利も手にしていたが、6回に追い付かれて消滅。それでも「少しだけ(初勝利を)思いましたけどね。でも何よりもチームが勝ってうれしい」と、勝利に貢献したことを喜んだ。

 工藤監督も「追い付かれるところまではあったが、追い越されることはなかったからね。それが最終的に勝利につながった。みんなで力を合わせて勝つことができた」と手応えを隠さない。3連戦の初戦は7年ぶり先発の二保を指名。2戦目は開幕からローテを守る大竹だったが、3戦目は新人泉を立てざるを得なかった。倉野投手コーチも「(同一カードで今季)初先発を2人にしたくなかった」とこぼした3連戦を総力戦で勝ち越したことは大きい。

 苦境を乗り越えて連勝。約2週間にわたった長期ロードを何とか5勝5敗の5分に持ち込んだ。工藤監督は「福岡にも帰れるのでね。交流戦までの三つ、しっかり戦っていく」と本拠地ヤクオクドームに2位楽天を迎える3連戦を見据えた。 (山田孝人)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ