ソフトバンク工藤監督 勝ち越し好機に執念リクエスト

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-楽天(31日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンク工藤監督が、勝ち越しのチャンスで執念を見せた。

 1-1で迎えた5回無死、甲斐が四球を選んで出塁。釜元が送りバントで進めて、1死二塁から川島の内野安打で一、三塁となった。

 今宮が遊飛に倒れ、2死からグラシアルのゴロの打球は三遊間深くへ。追いついた遊撃手・茂木が一塁送球し、グラシアルは間一髪でアウトと判定された。

 すぐさま工藤監督はリクエストを要求。もっともリプレー検証は1分半余りで終了し、判定は覆らず3アウトチェンジ。接戦を象徴するような場面となった。

PR

PR

注目のテーマ