ソフトバンク中村晃の復帰戦飾れず 同率首位並ばれた

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク1-3楽天(31日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクが楽天との首位攻防3連戦の初戦を落とし、同率首位に並ばれた。

 先発の千賀が2回、ウィーラーに先制ソロを浴びたが、直後に中村晃が同点二塁打。中村晃は自律神経失調症から復帰し、即スタメン7番で出場していた。

 千賀と楽天・辛島の投げ合いで1-1のまま迎えた7回、中村晃が四球を選んで無死一塁。ここで代走の周東がけん制で誘い出され一、二塁間で挟まれて刺された(記録は盗塁死)。

 直後の8回に千賀が茂木に適時打を浴びて勝ち越されると、なお二、三塁で島内の浅い右飛の後、二塁返球の間に三塁走者・辰己の生還を許した(記録は島内の右犠飛)。

 2点を追う9回は無死からデスパイネが安打で出塁したものの、楽天の抑え松井に後続を断たれた。楽天戦は4勝5敗となり黒星先行。5月は12勝13敗と月間負け越しで終えた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ