復帰の中村晃に「さすが」王会長が試合前の会話明かす

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク1-3楽天(31日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンク中村晃が自律神経失調症から復帰し、7番で即スタメン出場。今季初打席となった2回無死二塁で同点適時打を放つなど、7回に交代するまで2打数1安打1四球で再スタートを切った。

 試合は敗れたが、王会長は「いいヒットが出たし、良かったね。彼がいるとだいぶ違う」と中村晃の復帰を喜んだ。

 試合前、打撃ケージ裏で練習風景を見守っていた。その際、中村晃からあいさつされる場面も。そこでの会話に触れ「ああ、もう大丈夫だ、とね。ただ…」と続けた。

 「あのときは、すぐスタメンで出るとは思ってなかったから。本人もそういう話をしてなかったし。スタメンでビックリしたよ」

 笑みを交えて振り返ると、即結果を出した姿に「さすがだよね」と賛辞を送り、今後の順調な経過を願っていた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ