レオ打線に名馬誕生 戸川、プロ初アーチ

西日本スポーツ

 ◆ロッテ2‐3西武(31日・ZOZOマリン)

 西武のプロ5年目の戸川が価値あるプロ初アーチを放った。1点を追う5回1死。二木の真っすぐを捉え、右翼席にライナーを放り込んだ。「打った瞬間、入ったと思った」。待望の一発に表情がほころんだ。

 今季は4月5日に1軍初昇格し、同10日に出場選手登録を抹消された。それでも5月24日に再び1軍に戻ると、同25日の日本ハム戦でプロ初安打を記録。先発で起用された4試合全てで安打を放っている。

 北海道の北海高から2015年の育成ドラフト1位で入団。同年オフに支配下登録され、地道な努力ではい上がってきた。試合後は記念のボールを大事そうに握りしめて「自分だけの力じゃなく、いろんな人に支えてもらってここまで来た」と感慨深く振り返った。

 実家は北海道で牧場を経営し、G1を制した名馬モーリスを生み出した。“獅子脅し打線”に、待望の新たな名馬が誕生した。

PR

PR

注目のテーマ