ソフトバンク中村晃おかえり!ヤフオクDに大歓声も…楽天に敗れ同率首位

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク1-3楽天(31日・ヤフオクドーム)

 アキラが戻ってきた!! 開幕から戦列を離れていた中村晃外野手(29)が今季初めて出場選手登録され、7番右翼で即スタメン出場。先制された直後の初打席で一時同点の二塁打を放った。守備に就く際、ヤフオクドームは「アキラコール」に包まれ、帽子を脱いで応えた。その後は打線が沈黙し、エース千賀が今季初黒星。中村晃の復帰戦を飾れなかったチームは首位攻防初戦を落とし、楽天と同率で首位に並ばれた。

■「開幕戦」の初打席

 ヤフオクドームに戻ってきた背番号7に球場からは割れんばかりの大歓声が送られた。開幕から戦列を離れていた中村晃が今季初めて出場選手登録され、7番右翼で即スタメン出場した。「きょうの試合は(自分の)開幕戦のつもりで入った」。そんな中、見せ場は早速訪れた。

 1点を先制された直後の2回無死二塁。「ランナーを進められればいい」と考え打席へ入った。追い込まれながらも辛島の内角スライダーを引っ張ると、鋭い打球が右翼線を破った。今季初打席でいきなりの同点の適時二塁打に「初打席でヒットが出て楽になった」とホッとした表情。持ち味である状況に応じた打撃を披露した。

 同点の7回は先頭で四球を選びチャンスメークすると、代走を送られてお役御免となった。「久々(の1軍公式戦)という感じはしなかった。ちょっと緊張はあったけど、割と普通に(プレーできた)」と本人は冷静に振りかえったが、工藤監督は安心した様子だった。「練習の時から笑顔もあってね。明るくやってくれていたのでよかったなと」。途中交代については「だいたい3打席ぐらいを考えていた。少しずつでも上げていけたら」と説明し、見通しを示した。

 試合前練習ではあいさつに来るチームメートと笑顔で談笑。試合でも9回にデスパイネが放った左前打にベンチで立ち上がり拍手をしたり、自身の代走として出場し、一塁けん制に飛び出してしまいアウト(記録は盗塁死)となった周東を鼓舞するように手をたたいて迎えたりする姿も見られた。

 今後も自律神経失調症と向き合いながらプレーをしていくことになる。森ヘッドコーチは「きょうはまあ試運転。いきなり全試合に出られるという話ではない。試合当日に晃と話をして、その中で出るか出ないかの判断を続けていくことになる」と出場の可否を慎重に見極める方針であると強調する。

 球場入りする際に中村晃は「緊張もあるけど普通に楽しく(野球が)できればいい。ずっとこの場所にいたいと思っているし、帰ってこられてうれしい気持ちはある」と心境を明かした。すぐさま全開とはいかないまでも、タカが誇るヒットメーカーの1軍復帰は何よりも明るい材料だ。 (長浜幸治)

 中村晃(試合前円陣でチームメートに呼び掛け)「ここで野球ができる素晴らしさ、楽しさを改めて感じたので、皆さんもそれを忘れずに今日からスタートしましょう」

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ