ソフトバンク周東 走塁と守備で失態

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク1-3楽天(31日・ヤフオクドーム)

 周東が、走塁と守備で痛いミスを犯した。同点の7回無死一塁、中村晃の代走として登場。だが続く甲斐の打席で辛島のけん制に誘い出されて刺された(記録は盗塁死)。8回の右翼の守備では、1点を勝ち越された後、なお1死二、三塁で島内の浅いフライを捕ると、二走の茂木が飛び出していたこともあり二塁へ送球。その隙に三走辰己の生還を許した。村松外野守備走塁コーチは「判断をもっと良くしていかないと」と厳しい表情だった。

PR

PR

注目のテーマ