ソフトバンク内川死球で悶絶…直前に岸から4号も

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク―楽天(1日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンク内川への死球に場内が騒然となった。

 3点を追う7回の第3打席で、楽天ブセニッツのストレートが左肘付近を直撃。苦悶(くもん)の表情を浮かべてしゃがみ込むと、トレーナーに付き添われてベンチ裏へ引き揚げた。

 5回の第2打席では岸から左越えの4号ソロ。5月8日楽天戦以来となる一発を放ち、6回の守備では一塁で好プレーを見せた矢先だった。

 約2分間の治療の上でプレー続行。ヒヤリとさせられていたファンは、拍手と声援で迎えた。

 後続が連続三振に倒れ、この死球は得点には結びつかなかった。

PR

PR

注目のテーマ