ソフトバンク猛追もあと1点が…楽天に連敗で首位陥落

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク5-6楽天(1日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクは楽天との首位攻防戦に連敗。同率で並んでいた首位の座を明け渡した。

 先発の高橋礼が初回、自己ワーストの1イニング4失点。浅村の先制打の後、ウィーラーを併殺打に打ち取ったが、銀次に適時内野安打、ブラッシュには2ランを許した。

 楽天が6回までに4併殺打と追加点を取れずにいるうちに、試合中盤に小刻みに得点。ただ1点差に追い上げて迎えた7回、高橋礼が2死満塁から島内に2点打を許し、3点差に突き放された。

 8回1死から今宮のソロ、デスパイネの適時内野安打で再び1点差としたが、松田宣の空振り三振と代走・川島の二盗失敗で併殺。9回は抑えの松井に三者凡退に抑えられた。

PR

PR

注目のテーマ