堅守を破った久保 大分が驚いた17歳の姿

西日本スポーツ

前半39分、FC東京・久保建(左から2人目)にゴールを決められ、ぼうぜんとする大分イレブン 拡大

前半39分、FC東京・久保建(左から2人目)にゴールを決められ、ぼうぜんとする大分イレブン

 ◆明治安田生命J1第14節・FC東京3‐1大分(1日・味の素スタジアム)

 大分はリーグ首位のFC東京に今季ワーストの3失点を喫し、リーグ戦で今季初の連敗を喫した。試合前までは13試合で8失点と堅守を誇っていたが、17歳の久保建英に2得点を決められた。

 センターバックの岩田は、久保の印象について「技術はうまいし、見ていて堂々としていた。年下ですが、見習うべき点かなと思う」と振り返った。岩田は南米選手権に出場する日本代表に選出されており、久保とチームメートとなる。初のフル代表に向けて「トップの選手が集まる場所なので、練習から楽しみな部分が多い。世界のトップ選手とも戦えるし、東京五輪へのアピールにしたい」と意気込んだ。

PR

PR

注目のテーマ