吉田拡郎が逆転で予選トップ通過 開設67周年記念【児島】

西日本スポーツ

 児島ボートの開設67周年記念「児島キングカップ」は3日、ファイナル進出を懸け、準優3番を行う。激戦の首位争いは、徳増秀樹と茅原悠紀がポイントを伸ばせない中、4日目を1、2着とまとめた吉田拡郎が逆転でトップ通過。地元タイトル奪取へ、最短距離につけた。徳増は2位。3位には魚谷智之と峰竜太が並び、上位着順の差で魚谷が最後の準優1枠に。最終的な準優ボーダーは5・80。地元岡山勢は吉田の他に、茅原、山本寛久、川崎智幸が予選を突破。下位からは池田浩二、上野真之介、柳生泰二が勝負駆けに成功した。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ