米ドラ1スチュワート「家族や彼女と離れ」一問一答2

西日本スポーツ

 米大リーグのドラフト会議で上位指名候補に挙がりながらソフトバンク入りしたカーター・スチュワート投手(19)が3日、福岡市内で入団記者会見に臨んだ。

 一問一答は以下の通り。(1からつづく)

-どのくらい悩んだか

 2、3カ月は考えた。いろんな人と話をし、意見を聞くにつれて、こっち(日本)に来ることが一番、いいアイデアじゃないかと思いました。

-もっとも悩んだことは

 正直に言うと、家族や彼女と離れるのは大変だと思った。だけど、電話で話せる。文化や言葉の違いも、初めは大変だと思うけど、学んでいけばいいこと。そういう悩みは小さくしていける。大事なのは野球をすること。

-周囲に反対意見はなかったか

 ネガティブな意見はなかったですね。みんな「いいアイデアじゃないか」と言ってくれた。

-日米の野球の違いについての認識は

 日本はバント、ヒットエンドランを使うスモールベースボールですね。米国はホームラン狙いが多い。

-クイックやけん制の自信は

 クイックは1・2~1・3秒ぐらい。けん制も遅くはないと思います。

-先発、抑えなどポジションも含め、どんな投手になりたいか

 先発で毎回クオリティースタート(6回以上、自責点3以内)を達成でき、諦めずに勝負できる投手になりたい。

-憧れの存在は

 ジャスティン・バーランダー(アストロズ)。投げる試合は毎回しっかり試合をつくっている。

-6年という契約期間をどう捉えているか

 僕は19歳なので6年は長く感じますけど(笑)、日本に来てみてすごく環境が良かったので、決めました。質の高い野球をできる6年間になると思う。

-6年間で日本球界ナンバーワン投手になることが目標か

 そうなれるように頑張ります。周りにもいい選手がいる。

-昨年ドラフト後のブレーブスのメディカルチェックで問題視されたという手首については

 大丈夫。今年も75イニング投げています。

 (3につづく)


 

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ