西武・源田が対戦したい相手 カープ退治から初の交流戦王者へ

西日本スポーツ

セ・パ交流戦の記者会見に出席し写真に納まる(左から)阪神・大山、広島・野間、西武・源田、ロッテ・種市 拡大

セ・パ交流戦の記者会見に出席し写真に納まる(左から)阪神・大山、広島・野間、西武・源田、ロッテ・種市

 西武の源田壮亮内野手(26)が3日、セ・パ交流戦初優勝に意欲を燃やした。開幕の4日広島戦(メットライフドーム)を見据え「最初に勢いよく勝てれば、その先も波に乗っていける。ライオンズは優勝したことがないので、頑張って優勝したい」。まずはセ王者の広島をたたいて、勢いに乗っていく考えだ。

 3日の記者会見に出席した源田は、対戦したい相手に広島・大瀬良の名前を挙げた。「最初のカードで当たるし、すごい投手。上位打線で塁を埋めて、山川さんがドーンと打ってくれれば」と青写真を描いた。昨季はクライマックスシリーズで敗れ、広島との頂上対決にたどりつけなかった。「すごい力のあるチーム。監督も佐賀同士だし、日本シリーズで当たるかもしれない。そういう意味でも勝ちたい」

 交流戦がペナントレースの行方を大きく左右するのも実感している。「パ・リーグは混戦なので、交流戦が終わったときに一つ抜け出せるようにしたい」。楽しみにしているのは甲子園でのやじという余裕も見せた。5年ぶりにセ・パ対抗形式から優勝チームを決める方式に回帰。カープ退治から初の王者へと突っ走る。 (小畑大悟)

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ