ソフトバンク工藤監督、交流戦でガッポリ「必ず貯金」

西日本スポーツ

 工藤監督が、得意の交流戦からの再浮上を誓った。初戦を首位で迎えた前カードの楽天戦は、本拠地でまさかの3連敗を喫し3位に転落。パは5位ロッテまでが首位から3・5ゲーム差と混戦状態だけに、就任1年目の2015年から3年連続で勝率1位に輝いた交流戦で、他球団との差を見せつけたい構えだ。

 「(交流戦は)非常にいいイメージを持ってますし、必ず貯金をつくって、しっかり交流戦明けにつなげるような戦いをしたい」

 “V4”を狙った昨季こそ就任後初めて4位で終えたが、11勝7敗で四つの貯金をつくった。今季ここまでの最大連勝は5。昨季の交流戦は6連勝スタートを飾っただけに、いまいち波に乗り切れていないチームを大型連勝で勢いづけたい。「シーズンは長い。交流戦を機にまた調子を上げて、どんどん勝てるように頑張っていきたい」。今月末のリーグ戦再開へ向けて、得意のセとの戦いで弾みをつける。

PR

PR

注目のテーマ