怪腕スチュワート19歳、6年契約に抱く究極の目標 (2ページ目)

西日本スポーツ

■6年契約満了が前提 三笠GM

 入団会見に同席した三笠GMは、今後に関して「『今年どうしても投げてもらわないと困る』というわけではない」と育成優先の方針を明かし、その上で「支配下選手というところでは(今年中に1軍で投げる)可能性はある」と話した。

 契約期間の6年は、米国でドラフト指名された高卒選手が、マイナーを経てメジャー昇格するまでの一般的な期間を参考にしたという。日本では米国より比較的早い時期に、メジャーに相当する1軍でプレーできる可能性を訴えかけた。

 契約中にポスティングシステム利用で米大リーグ移籍を目指せる可能性については「彼が望めば(契約内容を)変えられるようにはなっていない」。契約満了後の米球界での身分については「明文化されていない。確認が必要。代理人(ボラス氏)側はフリーエージェントになるのではないかと言っている」と話した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ