交流戦のポイント、デスパイネの起用法は?/工藤監督一問一答 6.3

西日本スポーツ

 -交流戦のポイントは。

 「こっち(本拠地)でやるときは普通にやっていけばいいと思う。DHがないときは打線が多少落ちるので、みんなで考えてそこをどうしていくか」

 -デスパイネのセ・リーグ本拠地での起用法は。

 「彼自身も(守備の)練習をしてアピールはしてくれているので、そこは考えたい。ただ交流戦で終わりじゃないし、その後もある。守備では神経を使うし運動量も多くなるので、そのへんは考えないと。他の選手との兼ね合いというところも出てくる」

 -中村晃は復帰から3試合連続でスタメン起用。

 「練習から笑顔もあるし(試合にも)元気な姿で出てくれているので、非常に安心はしています」

 -パ・リーグは混戦。

 「今年はここまでやってきても、実力がそこまで開いているというのはないと思う。これはシーズン最後までいくんじゃないか。いっても大丈夫なように、しっかりこの先も見据えて考えないといけない」

PR

PR

注目のテーマ