ソフトバンク急転の冷や汗辛勝 交流戦4年連続開幕星

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク6-4中日(4日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクが大量リードから猛追に遭いながら逃げ切った。

 初回に釜元が阿知羅から先頭打者アーチを放ち先制。さらにグラシアル、松田宣にもソロが出て、1イニング3本塁打で3点を奪った。4回に川瀬の適時打、5回には釜元に2本目のソロが出て5-0とした。

 腰痛から復帰したバンデンハークは6回1死までパーフェクト、8奪三振と圧巻の投球を見せたが、二塁手・川瀬の失策で初めての走者を背負うと一変。連打で満塁とされ、代打堂上の本塁打で1点差に迫られ降板した。

 救援陣が踏ん張ると、7回にデスパイネの適時二塁打で2点差。このリードを守り、最後は抑えの森が締めくくった。リーグ戦で3連敗して突入した交流戦だったが、12球団断トツの7度も制している相性の良さを発揮し、4年連続の初戦白星で滑り出した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ