ソフトバンク逃げ切る 工藤監督1点リードで甲斐交代

西日本スポーツ

7回に適時二塁打を放ったデスパイネを迎える工藤監督(右) 拡大

7回に適時二塁打を放ったデスパイネを迎える工藤監督(右)

 ◆ソフトバンク6-4中日(4日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクにとっては一方的な展開から一転、追い詰められた試合となった。

 初回に中日・阿知羅に1イニング3本塁打を見舞うと、4、5回にも追加点を奪い5-0とした。先発バンデンハークも6回1死までパーフェクトと故障明けを思わせない快投を演じたが、ここから二塁手・川瀬のエラーで初めて走者を背負うと、連打でつながれ、代打堂上に満塁被弾。1点差に迫られ降板となった。

 直後の6回の攻撃は2死一塁で、捕手・甲斐に代打明石のコール。終盤3イニングは高谷がマスクをかぶった。今季、リードの場面で甲斐が交代するのは異例。工藤監督は試合後、「まあ、1点差だったこともあって、今日はベテラン(高谷)に任せました」と説明した。

 一つの失策があわやの展開を招いたが「ミスすることはある。みんながカバーしないといけない。選手をフォローできるように僕らも頑張ります」と強調。「日々新たにと、コーチにも選手にも伝えてますので。今日はこれで終わり。また明日みんなで力を合わせて頑張りたい」と力を込めた。

PR

PR

注目のテーマ