ソフトバンク交流戦4年連続白星発進 釜元2発 “師匠”中村晃も笑顔 (2ページ目)

西日本スポーツ

■“師匠”晃も笑顔

 4年続けて自主トレをともにする中村晃が復帰して、4試合目での初勝利に導いた。かねて「一緒に1軍でプレーしたい」と話していたが、現実に中堅と右翼で同じグラウンドに立つ。「一緒にやれるかどうかは自分の結果次第。自分が結果を残せるかどうか」。尊敬する“師匠”と同じ舞台に立ち続けることを見据えて、さらに気合を入れた。

 頼もしい“まな弟子”の姿に、この日3試合ぶりの安打をマークした中村晃も目を細めた。「うれしいですね。もう(1軍に)慣れたと思うし、けがしないようにすれば結果は出ると思う。僕が負けないようにしたい」。ともに汗を流した育成出身の8年目の著しい成長を認め、また笑った。

 12球団で断トツの7度を制す相性のいい交流戦を、4年連続の初戦白星で滑り出した。工藤監督は「落ち着いて試合に臨めている。いい働きをしてくれている」と交流戦初出場の一戦でお立ち台に上がった成長株をたたえ「いいスタートが切れた」と納得顔だ。交流戦のラッキーボーイの雰囲気を漂わせる釜元が8度目の頂点へけん引する。 (山田孝人)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ