釜元、成長感じたバント安打/池田親興氏の目

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク6-4中日(4日・ヤフオクドーム)

 1番で起用された釜元が大きな仕事をしてくれた。3連敗後、嫌なムードで迎えた交流戦の開幕で先頭打者弾を放ち、5回にも右翼席の中段に運んだ2本の本塁打はもちろんだが、成長を感じたのは7回の打席だ。6回に満塁本塁打を浴び、1点差で迎えたイニングの先頭でセーフティーバントを決めて出塁した。

 相手投手は2発を放った右の阿知羅から左の岡田に代わっている。状況を見極め、先頭打者として最善の策を選んだ。この後、デスパイネの適時二塁打で貴重な6点目のホームを踏んだのだから頼れる1番、頼れる先頭打者だ。

 調子を落としていた松田宣に右方向へのアーチが出たことも、一発だけでなく打線に2本の適時打が出たことも好材料。そして何より、先発陣の台所事情が苦しい中、バンデンハークが戻ってきたことが大きい。

 悔やまれるのは6回だ。直球を多投し、狙い打たれたかのような満塁弾を浴びた。序盤から直球に力はあったが、終盤に向かおうとしているあの場面は直球で押すのではなく変化球を交ぜても良かったのではないか。バッテリーでこの悔しさを次につなげればいいし、勝って反省できることに価値がある。 (西日本スポーツ評論家)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ