スチュワート「ジュニア」と呼んで ソフトバンクナインにあいさつ

西日本スポーツ

 新外国人選手のスチュワートが中日戦前にヤフオクドームを訪れ、工藤監督のほかチームメートらにもあいさつした。初めてグラウンドにも足を踏み入れ「スタンドから見るよりいい景色。自己紹介ばかりだったけど、監督やコーチ、チームメートに会えてよかったです」と笑顔を見せた。  

 工藤監督との対面時には、父親が同名であることからニックネームは「ジュニア」としてほしいと希望したという。指揮官は「僕にも同じくらいの年齢の子どもがいる。日本の父親ではないが何かあれば言ってきてほしい、と伝えた」と19歳のサポートを約束した。

 昨年の米大リーグのドラフト会議でブレーブスに1巡目(全体8位)指名された右腕に、ナインも興味津々。千賀は「でかいですね」と身長198センチ右腕を見上げた。松田宣は「熱男パフォーマンス」をスチュワートの前で披露するなど、それぞれの形で歓迎した。5日から福岡県筑後市の2軍施設で練習を始める。

PR

PR

注目のテーマ