ソフトバンク川瀬「今の自分の甘さ」初適時打も失策を猛省

西日本スポーツ

4回2死二塁、右前適時打を放つ川瀬 拡大

4回2死二塁、右前適時打を放つ川瀬

 ◆ソフトバンク6-4中日(4日・ヤフオクドーム)

 2試合連続スタメンの川瀬が、攻守で「天国と地獄」を味わった。「9番二塁」で出場。4回2死二塁で今季初のタイムリーを右前へ運んだが、6回1死から加藤の一、二塁間のゴロを後逸。この失策がバンデンハークの満塁被弾の呼び水となってしまった。「今の自分の甘さ。守備でリズムをつくっていかないといけないのに、5回のグラウンド整備後にミスが出た。現状の甘さ」と反省ばかりが口を突いた。

PR

PR

注目のテーマ